トップページ » これまでのイベント・会議,ジョブシャドウイング,トップページ,今月の特集 » 「地域で育てるキャリア教育」フォーラムを開催しました。

「地域で育てるキャリア教育」フォーラムを開催しました。

「地域で育てるキャリア教育」フォーラムにご参加ありがとうございました。
 

2月9日、浦添市てだこホールにおいて、産学官・地域連携就業意識向上支援事業「地域で育てるキャリア教育」フォーラムを開催しました。
 

フォーラムでは、東京都杉並区立和田中学校で、都内義務教育における初の民間人校長を務められた藤原和博さん基調講演、これまで約5年間にわたり県内各地で実施してきた沖縄型ジョブシャドウイングを振り返り、産学官と地域が連携してさらなる展開・拡充を図ろうという内容のパネルディスカッションが行われました。
 

この日、フォーラムには、民間企業、教育関係、各自治体、学生や地域活動に関心をお持ちの方々など、総勢約600名の皆さんにご参加いただきました。
盛会となり、また多くの好評をいただきましたことを感謝申し上げます。
 

【参加者の感想】

 ○長い目で見ると地域や地元企業が学校教育に関わっていくことが、
  社会全体の利益につながると思う。<20代男性>

 ○教師も親も子ども達も、地域のために動く、働く、生きることが、
  また多くの利点(よいこと)を生んでいくのだと感じた。<30代男性>

 ○地域とつながること ナナメの関係 つなげて新たなものを生み出していくこと など、
  今の社会に必要なものだと強く感じています。<30代女性>

 ○ジョブシャドウイングがこれだけ取り組みがなされていたことを知らなかったので、
  参加してよかったです。<40代女性>

 ○子ども達がいろいろな面から夢を持ち、それを実現できるよう、
  そのサポーターになれるよう、協力したい。<50代女性>
 

藤原和博さん藤原和博さん
ジョブシャドウイングパネル展@受付ロビー(ホワイエ)

パネルディスカッション 宮平栄治コーディネーターパネルディスカッション パネリストの皆さん
          (左上・右上) 熱弁を振るう藤原和博さん
          (右中) ジョブシャドウイングパネル展も大賑わい
          (左下) パネルディスカッションコーディネーター宮平栄治名桜大教授
          (右下) パネルディスカッションパネリスト5名の皆さん
 

<関連記事>
平成24年2月9日開催 「地域で育てるキャリア教育」フォーラム