トップページ » イベント・会議情報,お知らせ,これまでのイベント・会議,トップページ,表彰制度 » 平成27年度沖縄県産業・雇用拡大県民運動推進功労者表彰が決定しました。

平成27年度沖縄県産業・雇用拡大県民運動推進功労者表彰が決定しました。

平成27年度の受賞者が下記のとおり決定し、7月27日(月)に副知事応接室にて功労者表彰式を行いました。

  

 

 

 

 

こ の表彰は、完全失業率全国並改善の実現に向け、企業、学校・教育機関等が産業・雇用の拡大、雇用の質の向上、雇用対策、県民意識の喚起につながることを効果的かつ総合的に 推進する観点から、その推進について顕著な功績又は功労のあった者を顕彰し、その取組を広く普及させることを目的としています。

詳細はこちら

受賞者

平成27年度

株式会社 アイリスエステサロン

会社概要(平成27年7月現在)
代表者 代表取締役 新城 恵子
所在地 那覇市銘苅2-2-9
主要業務 エステサロン業
従業員数 25人
創 業 昭和63年2月4日

アイリスエステサロン①

受賞概要

雇用機会の創出・拡大

・高い離職率が課題のエステ業界で、出産・育児・介護を支援する再雇用・復職を推進し、業界平均より低い離職率と
なっている。(3年以内離職率業界平均62.9%に対し、直近離職率24.1%)
・エステシャンの85.8%が34歳未満という特異な業界の中で、職能に応じた職務変更等に取り組み35歳以上の雇用を推
進している。
・定年後の継続雇用制度を導入している。
・未経験者等に対する社内教育制度を充実させることにより、未経験者の採用を推進している。
(若年者人材育成定着支援や中高年齢者再チャレンジなどを活用)

若年者の就職支援

・2001年から毎年、大学・専門学校・高校で合同企業説明会、個別学校訪問説明会を開催している。
・「女性が働く」をテーマに就職やキャリア形成に関する講話を大学・専門学校・高校で実施している。
・面接時に性格診断を実施し、ミスマッチ対策に取り組んでいる。

安心して働ける職場環境づくり

・現社員21名のうち20名が正規社員となっており、正規社員の比率が高い。(1名は定年退職後のパート社員)
・育児・介護休暇や看護休暇を整備し、仕事と家庭の両立を進めている。
・育休明けの社員に多様な働き方(時短勤務)を導入することで、職場復帰後の働きやすい環境を整えている
(復帰100%)
・時短勤務契約となっても正規社員雇用契約としている。
・店長・マネージャー等継続できるキャリアパスを設けている。
・10年以上の長期勤務従事者割合が、業界平均に比べ大幅に高い。(業界平均5.2%に対し、H26年度末19%)

働きがいを感じスキルアップやキャリア形成を促す職場環境づくり

・2009年国際ライセンスCIBTAC取得に向け、専門家による社内勉強会を実施するなど、資格、ライセンス取得を推進して
いる。受講者15名が全員合格し、国際ライセンスを所持している。
・全国コンテトストへの積極的な参加や継続した受賞など、エステシシャンのキャリアアップを推進している。
2011、2012年エステシャン個人認証・TSPマーク合格者を輩出している(沖縄県エステティックスパ協同組合)。
2011~2015年継続して全国エステティックサロンビューティーフォトオコンテストにて優秀賞や特別賞を受賞している
・社員で経営に関する意見を出し合うワールドカフェ会議を実施し、就労意識向上を図っている。

 

有限会社 スタプランニング

会社概要(平成27年7月現在)
代表者 代表取締役 赤嶺 剛
所在地 那覇市与儀2-7-3
主要業務 建築設計、施工、不動産企画開発、web業務
従業員数 17人
創 業 平成6年1月5日

 

受賞概要

雇用機会の創出・拡大

・直近5年間で毎年継続して新規採用している。
・定年退職後の継続雇用実績がある。
・常時雇用する従業員のうち、55歳以上が11%以上を占めている。

若年者の就職支援

・直近5年間に9名の雇用実績がある。(高卒3名、専門・大学卒6名)
・会社訪問、インターンシップ等の受け入れ実績が高い。
(受入実績:小学生・中学生・高校生・専門・大学・外国人留学生)
・社長・社員が各学校に出向き、職業講話を行うなど、会社ぐるみでキャリア教育の推進に取り組んでいる。
・ジョブトレーニングや中小企業新戦力発掘プロジェクト等に参加し、企業実習を通した業務体験により、ミスマッチ
対策に取り組んでいる。
・新卒社員について、社長自ら家庭訪問を行い個々人の性格を把握し新人育成に活かしている。また、採用1年後には、
卒業校に就職後の近況報告を行っている。

安心して働ける職場環境づくり

・非正規雇用と正規雇用の給与について、年1回の昇給、賞与がある。
・非正規雇用者と正規雇用者共に、年3回の成長面談と全体会議に参加させている。
・直近5年間に5名の社員が育児休暇を取得し、現職復帰している。
・残業が多かった仕事の作業を見直し労働環境を改善した結果、大幅な残業縮減に繋げた。
一時期、事務所の鍵を取り上げ、定時に事務所を閉め社員全員を強制的に帰宅させた結果、社員が期間内でのスケジュ
ーリングを意識するようになり、業務中の私語が減り仕事の効率が上がり、大幅な残業をせずに帰るようになった。

従業員が働きがいを感じ、スキルアップやキャリア形成を促す職場環境づくり

・従業員に対し、スキルアップ等に関する職場内外の研修を計画的に実施している。
・会社の年間カレンダーに仕事に必要な資格試験のスケジュールを載せ、計画的な資格取得を推進している。
・資格取得による試験勉強のための長期休暇取得制度がある。
・資格取得者には、毎月資格手当を支給している。
・年間個人目標の設定、年3回の成長確認面談を行い、就労意識の向上に取り組んでいる。

その他

・社会貢献活動として、地域における早朝清掃活動の実施やまちづくり行事への参加等に取り組んでいる。

 

株式会社 薬正堂

会社概要(平成27年7月現在)
代表者 代表取締役 宮里 敏行
所在地 沖縄市知花6-25-12
主要業務 保険調剤薬局、サービス付き高齢者住宅事業
従業員数 322人
創 業 昭和59年7月1日

 

受賞概要

雇用機会の創出・拡大

・直近5年間の新規雇用実績が高い(5年間で421名の新規雇用)。
・未就業者に対し薬局請求事務の知識、技能(OJT)、資格を習得させ、25名の採用へと結びつけている。
(うるま市や沖縄市の人材育成事業を活用。)
・結婚・出産等でブランクのある薬剤師免許保持者に対し「保険薬剤師リベンジ研修」を行い、社会復帰(雇用創出)に
つなげている。
必要なスキルを実践型の研修カリキュラムで行い、現在までに3名が受講し雇用の創出へと繋がった。

若年者の就職支援

・県内でも数少ない実務実習受入認定薬剤師が4名おり、薬剤師を目指す薬学生の実務実習の受入を積極的に行っている
・医療事務を目指す学生の実務実習や職場体験学生の受け入れを積極的に行っている。
・直近5年間において、インターンシップや職場見学会の受け入れが毎年度継続してある。
・沖縄県初の薬剤師国家試験に向けた対策講座「薬剤師国家資格チャレンジャー講座」を5ヶ月間実施し、薬剤師を目指
す者を支援している。 また、各都道府県で実施されている医療事務の「調剤報酬事務検定試験」について、沖縄県では1社のみの実施機関として、実施・運営を行い、医療事務を目指す者の雇用創出に寄与している。

マッチングの取組

・従業員の要望を聴き他部署への配置転換を行うことによりミスマッチ対策に取り組んでいる。
・直近5年間継続して企業説明会の実施や企業合同説明会へ参加している。

安心して働ける職場環境づくり

・時間単位有給休暇制度を導入し、働きやすい環境づくりに取り組んでいる。
・契約社員及びパートタイム社員から正社員転換制度があり、直近3年間で40名の正社員雇用転換を行っている。
「契約社員就業規則」及び「パートタイム社員就業規則」を制定し「正社員への転換」を規定。
・「リフレッシュ休暇」制度を整備し、勤務年数に応じて1日~3日間の休暇取得が取れる仕組みを整えている。
・従業員全体会議や会社行事の際に託児所を設置し、子育て中の従業員も安心して参加できるよう配慮している。

従業員が働きがいを感じ、スキルアップやキャリア形成を促す職場環境づくり

・人事制度再構築に取り組み、経営理念・経営方針や人事共育理念・人事共育方針を可視化し、社員共通等級基準の見直
しを行っている。
・社内職種を16職種に細分化し、全ての職種で専門キャリア基準マップを整備し、求める人材像やキャリアステージ毎の
スキル基準を明確化する事で、モチベーションアップや働きがいを感じる職場へと繋がるよう職場環境づくりに取組ん
でいる。

 

SGシステム株式会社 沖縄営業所

会社概要(平成27年7月現在)
代表者 代表取締役社長 安延 申
所在地 宜野湾市嘉数2-18-11
主要業務 情報システムに関する企画、設計、開発、保守、運用業務
従業員数 52人
創 業 昭和58年2月17日

 

受賞概要

雇用機会の創出・拡大

・定年後の再雇用制度を設けている。(希望者全員を再雇用する)
・障害者雇用率が9.6%と法定雇用率を大きく超えている。
・障がい者の雇用に対し、担当業務の決定や労働環境に配慮している。
・障がい者への配慮として、通勤車両の駐車位置やトイレへの手すりの設置やフロアのフラット化、段差スロープの設置
等を行っている
・派遣社員に対し、派遣継続期間・スキルに応じて単価アップを考慮している。
・非正規社員にも正規社員と同様な教育訓練を実施している。
・契約社員にも、福利厚生施設の利用を可能としている。
・非正規雇用から正規雇用への登用を推進しており、過去3年間で4名正社員へ登用している。

マッチング促進

・面接時の職場見学と採用試験で実技試験を実施している。
・専門学校の就職課へ会社説明の実施と学生の希望状況を調査している。

安心して働ける職場環境づくり

・育児・介護休暇制度が整備されており、これまでの実績は女性100%(7名取得)となっている。
・育児休暇中の社員とのコミュニケーションや(定期的なメールのやり取り、グループ健康保険組合からの子育て情報誌
の配布)、復職後の思い出し教育の実施により、復職しやすい環境づくりを行っている。
・短時間勤務制度の導入や(希望者:100%)土・日・祝日出勤の少ない業務への変更等により、復帰後の働きやすい環境
を整えている。
・社員の有給休暇取得率が高い(昨年度の有給休暇取得率97.2%)。
有休取得を定期的にアナウンスし、連休休暇を取得しやすくしている。有休取得月を設定し、有休未取得者や取得の偏
りが発生しないよう配慮している。
管理者が率先してリフレッシュ休暇を取得し一般社員に推進している。
・週1回のノー残業デーの設定や残業指示書における上司の確認により、残業の偏りを無くす対策を講じている。
・インフルエンザ予防接種費用の一部会社負担や女性のウィメンズ検診(子宮がん・乳がん・骨密度)を推進している。

働きがいを感じスキルアップやキャリア形成を促す職場環境づくり

・電話コンクール出場に向けた社内訓練や希望者向けeラ-ニング学習の実施により、社員のキャリアアップ向上に取り組
んでいる。
・社員表彰制度や管理職研修、管理職昇格候補者試験の導入により、就労意識の向上に取り組んでいる。

その他

・地域貢献活動として、毎月1回地域の清掃活動を行い、周辺地域とのよりよい環境づくりに繋げている。

 

呉屋 良昭

概要(平成27年7月現在)
所属  学校法人琉美学園 理事長、一般社団法人沖縄県専修学校各種学校協会 副会長
所在地 (琉美学園)那覇市牧志2-6-25

 

受賞概要

若年者の就職支援

・沖縄県専修学校各種学校協会の理事として、沖縄県の専門学校の就職内定率の向上に取り組み、非常に高い就職内定率
の実現に貢献した。
・沖縄県専修学校各種学校協会の研修委員長として、加盟校の職員及び校長等を対象に若年者の雇用促進のための各種研
修会を実施した。
・若年者の就業意識の向上を図るため、専門分野に分かれた各専門学校との協力体制を諮り、多くの職業体験ができる職
業体験フェスタ「しごとミュージアム」の開催に尽力し成功させた。
「しごとミュージアム」の開催により、高校生等に職業選択の機会を提供し職業選択のミスマッチ対策に取り組み、若
年者の就職支援に貢献した。

・平成26年には、沖縄本島のみで実施してきた職業体験フェスタの離島での開催に挑戦し、宮古島で始めて「ルックジョ
ブ宮古」を実現・成功させ、職業選択の機会が少ない離島(宮古島)の若年者に職業選択の機会を提供し、若年者の就
職支援に貢献した。

【しごとミュージアム】
・様々な職業ごとにブースが設置され、各職業についての話が聞けたり、実際に体験ができる内容。
・実績数:平成22年2,500名、平成23年2,800名、平成24年3,500名、平成25年3,300名、平成26年3,100名の高校生が参加

【ルックジョブ宮古】
・平成26年に宮古島にて開催。
専門職の技能体験コーナーを設置。職業選択の機会を目的とし就業のミスマッチや無就業者を生み出さないための取
り組みを図った。進路に関する職業相談を受け付ける職業説明ブースを備えた。
17の体験ブースと100の職業説明ブース等を設置。

 

沖縄県産業・雇用拡大県民運動推進功労者表彰について

目的
完全失業率の全国並み改善に向け、企業、学校・教育機関等が産業・雇用の拡大、雇用対策、雇用の質の向上(従業員が安心しやりがいを持って働くことができ る職場環境の整備等)、県民意識の喚起につながることを効果的・総合的に推進するため、その推進について顕著な功労のあった者を表彰し、その取り組みを広 く普及させる。

対象
表彰は、雇用機会の創出・拡大や若年者の就業支援などに取り組んでいる者で顕著な功労のあった者
・沖縄県内に本社、支社、支店、事務所、組合等を有し、原則として3年以上を経過している企業
・県内の教育機関(大学、専門学校、高等学校等)
・その他県内の非営利団体等、個人

表彰者
沖縄県産業・雇用拡大県民運動推進本部長(沖縄県知事)

時期
年1回、みんなでグッジョブ運動推進月間に行う(7月)

方法
他薦(沖縄県産業・雇用拡大県民運動推進本部委員又は各市町村長等から推薦された者の中から選考する。)